PRODUCT

製品紹介

古河電工 超小型光ファイバ融着接続機シリーズ『S123シリーズ』

単心から12心まで幅広く対応
抜群の作業性と携帯性
携帯電話感覚の操作
頑丈なボディ
光ファイバを2方向同時表示
高速・高精度接続
融着プログラム自動選択(S123M4、S123M8、S123M12に搭載)
自動光ファイバ軸ずれ矯正(S123M4、S123M8、S123M12に搭載)
融着温度の自動制御(S123M4、S123M8、S123M12に搭載)
仕様
適用光ファイバ ※1 SM、MM、DSF、NZD、BIF/UBIF
光ファイバ外径 0.125mm
光ファイバ被覆外径 単心線外径 : 0.25mm~0.9mm ※2
テープ心線厚 : 0.28~0.40mm
光ファイバ切断長 10mm
平均接続損失 ※3 SM型 : 0.05dB、MM型 : 0.03dB
DS型 : 0.08dB、NZDS型  :0.08dB
標準融着接続時間 15秒
標準加熱補強時間 単心線 15秒(S123M4)、35秒(S123M8、S123M12)
  (S922:40mm,S921:60mmスリーブ)(予熱モード)
テープ心線:35秒(S924 40mmスリーブ)(予熱モード)
融着/加熱プログラム数 融着 : 最大150/加熱 : 最大18
熱補強スリーブ 40mm、60mmに対応
スクリーニング力 1.96N(約200g)
光ファイバ像表示倍率 48倍(S123M4)
28倍(S123M8)
20倍(S123M12)
融着データメモリ 最大1500(S123M4)
最大1000(S123M8、S123M12)
寸法(外形最大部寸法) S123M4
127W×199D×81Hmm(衝撃緩衝材含まず)
159W×231D×104Hmm(衝撃緩衝材含む)

S123M8、S123M12
127W×199D×105Hmm(衝撃緩衝材含まず)
159W×231D×130Hmm(衝撃緩衝材含む)
質量 S123M4
1.4kg(バッテリ無し)
1.6kg(バッテリ1個含む)

S123M8、S123M12
1.6kg(バッテリ無し)
2.0kg(バッテリ2個含む)
AC入力電源 100~240V、50/60Hz
DC入力電源 13~18V
バッテリ連続使用回数 ※4 70回(融着接続+加熱補強、S123M4)
160回(融着接続+加熱補強、バッテリ2個、S123M8、S123M12)
使用環境条件 -10~+50℃(結露のないこと)
保存環境条件 -40~+60℃(結露のないこと)
※1 ITU-T規格に準じた光ファイバに対応します。適応テープ心線 は型式により異なります。
※2 オプションの4心一括融着ホルダ(0.5mm×4心)、0.5mmファイバ ホルダ、0.9mmファイバホルダが必要です。
※3 融着接続機の特性を示す目的で、良好な環境条件において同一の 光ファイバを用いて接続した時の数値であり、接続損失
   を保証するものではありません。
※4 100%充電した新品のバッテリを使い、室温環境(約20℃)で4心 テープ心線を約3分に1回のペースで連続して融着接続と
   加熱補強が行える回数。バッテリの状態や環境によって接続で きる回数は異なります。